南京虫を駆除する

南京虫

確実に駆除するには

数十年前に絶滅したと思われた南京虫が、再び被害を拡大させています。南京虫の発生源は主に海外で、荷物に付いて日本に持ち込まれるのです。温暖化の影響で、日本各地でも南京虫の増殖が報告されています。この害虫の厄介なところは、夜行性であるため、その姿を見ることが少ないという点です。夜中に寝床の中で刺されて、その正体が分からずに困っている人も多いといいます。多くの事例では、ダニの被害と間違えてダニ除けの対策を取るのですが、一向に効果が出ない場合は南京虫の存在を疑うべきです。殺虫剤もある程度は効果がありますが、家庭用殺虫剤には耐性を持つ個体も多く、完全な南京虫駆除には専門業者へ依頼することがお勧めです。通常の南京虫駆除は、殺虫成分が強い薬剤を複数回散布する方法が一般的です。業者の散布する薬剤で成虫は殺せますが、卵は生き残るので複数回の散布が必要となるのです。この手の南京虫駆除は、1回当たり数万円程掛かります。但し、複数回散布する場合は、その都度同等の料金が必要です。その一方、最近では、成虫も卵も両方撲滅できる方法が考案されています。この方法では、殺虫剤ではなく瞬間冷却剤を散布します。瞬間冷却剤に晒された南京虫は、成虫も卵も死滅します。こちらの南京虫駆除法は、幼い子供のいる家庭で喜ばれています。料金的には、薬剤散布の2倍から3倍となっていますが、薬剤による健康被害を心配する大勢の人から支持されています。

Copyright© 2018 シロアリ駆除を専門業者に頼もう【被害防止対策も行なってくれる】 All Rights Reserved.